2017/05/24

NHK「発達障害」1

今年1年かけて取材して放送するらしい。
さらに番組横断で。

NHK 発達障害プロジェクト



NHKスペシャル 発達障害 解明される未知の世界 5月21日

1回目の番組を見た感想は、以下。
●当事者からの投稿が多い。
●それは主に社会人。まぁ当然ではあるが。
●メインは、ASD(自閉スペクトラム症)、ピックアップしたのは
対人面および知覚や聴覚などの感覚過敏。

今後1年かけて番組横断で取材放送を続けるということなので、
いろいろ広げすぎないで、いわゆる一般的に「あるある」と
理解できる内容を1時間で取り上げたのでは、という印象だった。

ただ、ここまで踏み込んだ取材などはなかったと思うので、
今後を期待したい。

関係サイトなどは、以下。

●発達ナビ「LITALICO」
生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのこと

●HUFFPOST
NHKが発達障害を1年間特集 「当事者の生きづらさ、少しでも減らせたら」 

●脳科学者・茂木健一郎のブログ
発達障害と個性の尊重(NHKスペシャルを観て)

●同じく茂木健一郎さんブログ
 学習障害という「区切り」について。

発達障害という言葉に思うもの 勝間和代オフィシャルサイト 

ほか、見つけたら更新します。

2017/04/16

サントリーのデカフェブラック、終了




デカフェは、世間的に受け入れられなかった、ということなのでしょうか。

2017/02/28

スタバのデカフェが変わった

デカフェのコモドドラゴンがなくなるらしい。

デカフェの豆としてのラインアップは
●ハウスブレンド
●エスプレッソブレンド

この2種類しか置かなくなるのでは、と(とある筋より)。

先日、コモドドラゴンを買いに行くと、売切れていて店頭に並んでいるハウスブレンドのほか、エスプレッソブレンドならある、との回答。

エスプレッソブレンドを購入。
店頭売りとして、袋に入れて陳列していないが、レジでお願いすると店頭販売の豆を量り売りしてくれる方式。

ハウスブレンドは、普通に袋入りで販売している。さて、どちらの豆もサンプルを配布してくれたので、買う前に家で2杯づつ試飲していた。
好みは、酸味が少ないエスプレッソブレンドかなぁ。

私はいつも人形町店を利用している。その理由は、デカフェ利用の方が多いのかもしれないが、豆を買いに行くとデカフェのサンプルや試飲や、もろもろやってくれている。

それもあって、よく通っている新宿や、あとは自転車で行けなくない茅場町などには行かずに、人形町店を利用している。

今後、デカフェはどうなっていくのだろう。愛飲者は増えると思うので、よりおいしく、わかりやすく、飲みやすい、バリエーション豊富に取り扱ってほしいと願うのみ。

2017/01/01

『南から来た男 ホラー短編集2』金原瑞人編訳(岩波少年文庫)


中1男子が読むかなあと思い、借りてみた。



『南から来た男 ホラー短編集2』
金原瑞人編訳(岩波少年文庫)

ホラーというより、不思議な、ヘンな話という感じかなあ、という印象を抱いたらしい。
それでよし。

ついでに、youtube のヒッチコック劇場も紹介した。

新・ヒッチコック劇場『南部から来た男』(85) "Man From The South"


これを見て、オチがしっくりきたらしい。
そして、ロアルド・ダールの原作と映像では、少し違う部分もあるらしい。

お正月に、ぜひ。

仕事:難関大学生座談会 取材




取材、ライティングを担当。
みなさん、本当にいい子たちでした!


2016/12/06

荒汐部屋のモルと遭遇

浜町公園そばの荒汐部屋の飼い猫、モル。

近いのでよく通る場所だけど、なかなか遭遇しなかったが、この日は外遊び真っ最中だったみたいで。恋人らしきネコちゃんと一緒だった。

大相撲・荒汐部屋 ☓ モル — 誰からも愛される招き猫

カメラマンの池田さんが出した写真集

「荒汐部屋のモルとムギ」


2016/11/05

活版印刷の弘陽さんへ

名刺がそろそろなくなってきた。そこで、いつもお願いしているご近所の弘陽さんへ1週間ほど前に電話で追加注文をして、今週ピックアップへ。

弘陽さんのことは、ブログでも以前紹介してるのですが、とても丁寧に、そして紙の種類もいろいろセレクトしながら、面白い方法で仕上げてくれるのが、私にとってはものすごいサプライズで、いつも楽しみにしている。

弘陽さんへ行く楽しみは、仕上がった名刺がどんな仕上がりか確認することもワクワクする出来事としてあるが、もうひとつはご主人の三木さんの手がけたお仕事を見せていただくことも楽しみのひとつ。

数日前に仕上がった連絡をいただいたので、さっそく出向いてみた。

今回、仕事場にはこの大きなポスターが貼ってあった。


近くで見ると、大きなタイトルの文字が、活版らしい書体になっています。公式サイトも、見てみてください。まさに活版です。



海外展開もあるこの映画。英語バージョンのポスターも用意していて、右下にレイアウトされている英文が活版の書体になっているのですが、この写真ではわからないかも。三木さん曰く「これ、デジタルだからなあ」ということです。

あと、復刊された資生堂「花椿」紙版のほうでも、引き続きお仕事をしているそうなので、銀座でもらってこなくちゃ!見たいみたい。

職人さんのお話をうかがうのは、とっても楽しくて、ついつい長居をして、コーヒーまでごちそうになってきました。弘陽さんは、八丁堀か新富町から歩いてちょっとのところにあります。ぜひ。



有限会社 弘陽(こうよう)

住所:〒104-0043 東京都中央区湊2-7-5
電話:03-3553-1750
FAX:03-3553-1950
◎営業時間 10:00~17:00
◎定休日 土日祝
◎JR、日比谷線「八丁堀駅」および有楽町線「新富町」駅」より徒歩7分。
(日比谷線「八丁堀駅」からは銀座寄り改札口を出て、A2出口のご利用が便利です。)

2016/11/02

神田古本まつりと近江屋洋菓子店と坂本一成・服部一成

今日、水道橋での取材の帰り、神保町まで歩いてみると、ちょうちんがずらり。
どうやら「神田古本まつり」の真っ最中。



あまりゆっくり見られないなあ、残念と思いつつもやっぱり見てしまう。
この2冊をゲット。


「ぼくの道具」石川直樹著(平凡社)

「磯崎新の仕事術」磯崎新著(王国社)


そのあと南洋堂でぶらぶら立ち読み。
坂本一成さんの、服部一成さんがデザインした本があった、と思い、探してちら見(こういう本です)。
「建築家・坂本一成の世界」(LIXIL出版)

坂本一成さんの仕事集なのですが、冊子自体は服部さんらしいデザインが随所に、あふれるほど反映されています。
そのあたりのことは、下の座談会のURL先を読むと納得。
服部デザインが隅々まで感じられて、一貫している。欲しいな、でも今日はちょっとムリなので、後ろ髪ひかれながらお店を後にしたのでした。

建築のデザインと本のデザイン──『建築家・坂本一成の世界』制作チームによる座談
このサイトで詳細読めます。面白いです。デザイナー服部一成さんは、編集者があれこれ言っても、デザインのすごさと改めて感じます。理屈抜き。

そのまま、近江屋洋菓子店でアップルパイと苺サンドショート、シュークリームとショコラケーキを買い、帰宅。



パッケージがこれまた、カワイイ。フルーツポンチが売り切れだったのが残念。せっかく買う気マンマンで行ったのですが。


 今度行くときは、ドリンクバーに挑戦。

2016/10/27

ナチュラルローソン、MACHI cafe カフェインレスコーヒー

ナチュラルローソンで、2016年10月11日からカフェインレスコーヒーが発売になった。
気になっていたのですが、なかなか機会がなくて飲めずにいた。
いちばん近い場所にあるMACHI cafeでは扱いがなく、残念な思いをしていたのですが、やっと機会に遭遇。

五反田の駅そばのナチュラルローソンで発見。

MACHI cafe カフェインレスコーヒー 税込150円



このようなステッカーが貼ってあった。
なるほどー。

味的には、かなりさっぱりめの風味。個人的には、しっかり深めの味が好きなのですが、こういう感じは、比較的たくさんの方に愛されるのかも、ですし、気兼ねなくより好みなく、飲んでもらえそうな味、という印象でした。

なぜかSサイズしかなかったような気が。

2016/09/20

きょうもお弁当


昨日山ほど作ったおでんを詰めた。
と思いきや、写真撮っていなかった。これは、高2女子のそぼろ弁当。。




2016/09/19

夏休み明け弁当、放流。

前回、どこまであげたのか、よく覚えていないです。
向きもバラバラだし、すいません。メモとして。
次回からは、できれば毎日あげていきたいのですが。あくまで希望。

部活はほぼ毎日、自分も弁当ライフだし。忙しすぎて、覚えてないのです。
内容も、似たようなものばかり。
工夫をしなければ、と改めて猛省。